子供の頃のお年玉貯金(残り)を娘の口座へ

小さい頃、お年玉は
もらった金額の2割を貯金するよう言われていて
母に徴収されていました。

母はその2割を毎年定額預金に預けてくれていて
地方の大学に進学するときに
「必要な時に使いなさい」と渡してくれました。

おかげで車の免許も取れたし
短期語学研修にも参加することができたし
就活の交通費に充てることができました。
(ほとんど交通費で消えたけど;)

本当に感謝しています。



その定額預金で唯一残っていた分が
今年1月に満期を迎えました。

5万円ほどではありますが、
利子が0.3%だったときの預金なので
1,200円ちょっとプラスでした。
(今じゃありえない~( ;∀;))


自分の貯金に回すつもりだったのですが、
結局無駄遣いしてしまいそうな気がして・・

そこで、娘の預金に入れることを思いつきました。

money_chokinbako.png
(フリー素材いらすとや)

少しずつではありますが
将来、必要な時に渡せるように
備えていきたいと思います。


あ、でもジュニアNISAはやるつもりないです。
学費ではリスクをとりたくないの(;^ω^)

スポンサーリンク



☆みなさんのブログが参考になります☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます